2008年12月22日

策士の策略!?

こんばんは、か〜な@管理人です。

遊びに来てくださる皆様へ。
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
コメント&拍手も有り難く頂戴しております。
今日は最初に、ご質問いただきました件についてお答えしたいと思いま
す。

何気に人気者のヒナ♪


はい、雛苺です。
彼女のカスタムについてのご質問をいただきました。
お褒めの言葉も頂き、本当に嬉しいです^^

我が家のヒナは、カスタムといっても本当にぷちカスタムなんです。
瞳は12mmベアアイ(ダイソー購入)にアクリル絵の具で書き込みを施し、
薄緑のカラーホイルを貼り付けたものを使用しました。
ホイルを貼る際、グロスポリマーメディウムを使っているので、
気持ち「うるうる」なおめめになっています。
ウィッグはデフォルトです。
ただし、原作本のヒナを見ながら縦ロールを巻き直しました。
ミストで十分に湿らせ、指でくるくるしただけなんですが、
その後も割と落ち着いているようです。

何気に、我が家のドールの中で人気が高いヒナです。
初めて「カスタム」に着手した子なので、
管理人も思い入れの深い子であります^^


では、「冬の怪奇?」のつづきとまいりましょう。
今回で一応完結? となります〜。

【前回のあらすじ】

我が家のバカップル名コンビ・アル様とキルシュさん。
遠くの星からやって来た(らしい)不思議な女の子と遭遇する。

一方、コロン泥棒(←トナカイはアウトオブ眼中?)を見つけるべく
カナは闘志を燃やしているようで……


そんなカナの様子からスタート。







第1ドールと第2ドール

「あらぁ、金糸雀。おっかない顔してどうしたのぉ?」
「水銀燈! まさか、貴女がコロンを盗んだのかしら?」
「コロン? 知らないわよ、そんなこと」
「変な言いがかりつけないでくれるぅ?」

「ふん! 関係ないなら構わないでくれるかしら」
「カナは忙しいんだから」

「ふぅん……? 忙しいねぇ〜……」

この二人って……、原作もそうですが
我が家でもあんまり絡んだことがないですね。
第1ドールと第2ドールって、とても近い姉妹なのに(笑)。
銀様はどうも暇を持てあましているようだけど、
カナはどうするつもりなんでしょう?








銀様に解説!その1

「えっへん! 仕方ないから貴女に説明してあげるわ」
「これは一体何かしら? 水銀燈」

「……」
「あんた、私に何を言わせるつもり?」


あ、結局一緒に行動してる(^^;
しかもちょっとだけ喧嘩売ってる気がします。
銀様が素直に金平糖(こんぺいとう)なんて言うわけないじゃない。
案の定、銀様かちんと来てるご様子です。


銀様に解説!その2

「泥棒はかなりの甘党と見たわ」
「それでこの金平糖を餌におびき出して……」


カナ、華麗にスルーして説明続行^^;


銀様に解説!その3

「とりもち付きの袋を掴ませてゲッチュー&サルベージかしら!」
「……」
「ふふふ、バカみたい」
「そんな袋を露出して、うまく行くと思ってるのぉ?」

「ふふん、そこは抜かりないかしら♪」


水銀燈ならぬ金平糖

「袋は透明だし、周りに金平糖を散らばらせて偽装してるし」


即席ジャングルに潜む

「管理人母が降ろした蘭の鉢で隠れ場所も確保!」
「……というわけで、貴女も手伝うかしら♪」

「いやぁよ、そんな面倒なこと」
「横で見物させてもらうわぁ。暇つぶしにはなるだろうし……」



「でも……」

「こんな手に引っかかるお馬鹿さんなんているのぉ?」








……待って5分後。

釣ったどー!

「かかった〜!」
「えぇっ!!?」

「ど、どこのバカよ、こんな幼稚な手にかかったの……」






獲物の正体

「わ(汗)」

↑この人です(^^;


「翠星石!!」

ここで会ったが……

「金糸雀! これはお前の仕業ですかっ!?」
「その台詞、そっくりそのままお返しするかしら!」
「貴女が犯人だってことはこれで証明されたわ!」

「は・犯人〜!? 一体何のことですか!」
「翠星石はただこれを拾ってただけですぅ〜」

「しらばっくれても無駄かしら」
「甘いものを見たら拾い食いしてでも手に入れるなんて……」
「それに貴女にはヒナのいちごを盗み食いした前科があるかしら!」

「ふにゃっ!? そ、それは〜」


外野で楽しむ銀様(笑)

「カナのポンジュースコロン! 返すかしら!!」
「知らんです! 濡れ衣ですぅ!!」
「どうでもいいからこの袋を外しやがれですぅっ!!」

「……ふふふっ、面白〜い……♪」

銀様、完全に対岸の火事視状態(^^;
ほらほら、止めないと、今に髪の毛ひっぱり合いになるよ。




「――何やってんだ? お前ら」




翠星石の天敵(笑)

「あらぁ……?」
「げっ、天敵……」
「天敵で悪かったな。それより、聞いたか?」
「何を?」


情報通の情報

「雛苺が探していたトナカイが見つかったんだよ」
「アル達が連れて帰ってきた」
「ついでに変わった生き物も付いてきたそうだ」

「変わった生き物?」
「あぁ。妖精とも違うようだが……」


走れ、カナ!

「トナカイ……じゃ、コロンも!!」
「こ、こら〜! これを何とかするですぅっ!!」



「コロン〜っ!!」



間に合わなかった……

「あら、金糸雀。騒々しくてよ」
「カナ、トナカイさんとコロン戻ってきたの〜」

しかし、開封済み。


まだあるよ♪

「えぐっ……えぐっ……惜しくなんかないかしら!」
「コロンなんてっ」
「コロンなんてっ……」

「泣かないで、カナ〜」
「ほら、コロン、まだあるのよ? 大丈夫よ?」


どたばたと、疲れちゃったカナでした。
でも、今回一番の被害者は、やっぱり翠星石?(^^;
あの場に残った面子(銀様、ウィンダムさん)も
ちゃんと袋を取ってくれたかどうか怪しいもんですしねぇ……
フォローアップ必須のようです。













そして、あのあとのこと。


そのころの金平糖

「……こんぺいとうね」
「故郷の雪の結晶を思い出すわ」
「unaと一緒に頂きましょう」



hunaさま!

「それにしても、unaは何処に行ったのかしら?」
「あれほど遠くに行ってはいけないと言ったのに……」


……というわけで! 初登場第2弾。
unaの親友、hunaさんでした〜。
次回、ふたりの再会は叶う……のかな?(^^;
posted by か〜な at 01:02| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | みんな一緒! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111531870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。