2009年03月20日

ピシッと決めてみようっ。

今日から3連休です。
久しぶりの良い天気、別ブログ用のお花の写真をいっぱい撮って
ゆっくりと一日を過ごすことが出来ました。
のちほどそっち(別ブログ)の方も更新するとして……

こちらドールブログは、前回の撮り貯めから。

整髪前のアル様

2代目ウィッグにしてから手を加える事のなかったアル様の髪型。
ちょっとうっとおしいと感じ始めたので、微修正を施すことにしました。
前髪とサイドを少しだけカットして、初代ウィッグにもしていた
「水糊ディップ」固めの復活です。
今回は、参考資料としてそのやり方を上げてみようと思います。

※工程上、画的にイタタな写真が出て参ります^^;
 それでも問題なし! という方は「つづき」へどうぞ〜。






まずは、材料です。

即席整髪剤(取扱注意^^;)

1)透明な液体のり
2)容器
3)お湯と水

――以上です。

1)については、メーカーの違いとか、購入してからの時間経過で
テクスチャに違いがでてくると思います。
例えば、写真にある赤いキャップの方は緩めで溶きやすかったのですが、
青い方は固めで溶けにくかった……という具合に。
(青いのは結構前に購入してたんですよ)

作り方ですが、
お湯でのりを溶き、そのまま冷ますか、水を加えて冷ます。
たったこれだけです。
ただ、溶き加減が微妙な基準でして、

 べたべた
  ↓
  ↓
  ↓
 ぺたぺた
  ↓
  ↓← このあたりの感触であればOKかと。
  ↓
 さらさら


液体を親指と人差し指でこすり合わせたとき、
「ぺたっ」と感じるようであればまだ緩めていいと思います。
セレンの前髪を整髪した際、固めに溶いてやった管理人は
仕上がりのあまりのかちかち具合に慌てて濡れタオルで拭き取る羽目に
なってしまいましたので……^^;
冗談のようですが、手の甲に当たって痛かったんですよ(凶器!?)


では、出来上がったディップを使って整髪してみませう。







不格好で申し訳ございません(汗)

「…………ちょっとっ(怒)」

ご無礼つかまつりまする、アル様^^;
でもこれは絶対外せない工程です。
粘着性を緩めたとはいえ、使うのはのりに変わりないのですから、
大切なお顔や服はしっかりガードしなきゃ。

液だれ対策として、ドールは寝かせた姿勢でスタンバイ。
ラップで顔や衣装を防護したら、いよいよ整髪の開始です。

作業は指先で行っていきます。
今回のように、アニメチックなつんつん前髪であれば
適量を取り分けて、毛先にだけディップを塗ります。
立たせたい場所には、根元にぬりぬり。
(※あらかじめヘアアイロンなどで跡をつけておくと安定するかもです)

つけ終わったら、固まるまでじっくりゆっくり休憩。
乾きが悪いようであれば、ティッシュを軽く当てて水分を吸い取ってみませう。
ドライヤーは絶対使っちゃだめですよ〜。全てが台無しになっちゃいます。


というわけで、アル様はどうなったかというと……







はっきりくっきり形がつきました。

こんな感じになりました。
気持ちすっきり、かっこよくなりましたでしょうか?
この後、ラップを外し、サイドのレイヤーや下がり髪も整髪しました。


ばっちりキメてちょっぴり照れ^^

「ばっちり決まってるわよ」
「えへっ……ありがとう」

キルシュさんに褒められて、照れ照れなアル様なのでした。
ちなみに、キルシュさんも前髪がぼさっとしたのを抑えるため
ディップをうっすら塗ってます。

そして、一緒にこの人もスタイリング♪







一緒にセットしました♪

「ちーたぁマシになったですか?」

翠星石のウィッグも結構膨張&ハネが出てましたものね。
彼女についてはいずれリメイクを考えていますが、
これで暫く様子見ということで。

ところで、翠星石はなぜこんな恰好をしているのか?
その答えは次回記事にて!(笑)
posted by か〜な at 17:47| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタムさん達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。