2011年10月20日

ロックの街から来た淑女

こんばんは、か〜な@管理人です。
本日は休日当番の代休日。相も変わらずまったり&とろとろな休日でした。

さて、今日登場するのはこのドール。



カムデン・ハイストリートさんです。

初J-Dollの「カムデン・ハイストリート」さんです。
もう初期のモデルの仲間に入れてもいいのかなぁ。
小さなお顔のドールですが、ボディはプーリップと同じ物を使っています。
ちなみに、彼女のボディは3rdボディ。

ということは。

……はい、そのまさかです(TдT)。
それについては、「続き」で泣きを入れるとしまして……



イメージしたお顔とは違ったけれども、忘れられなくて。

実は、カムデンさんは発売当時から凄く気になっていた子だったのですが、
サンプル画像と実物画像が違っていたためお迎えを見送ったという経緯があります。
見た事がある方もおられると思いますが、当初は「ほわん」とした表情だったのです。
あれが写真マジックってやつか……露出光も効いてたしなぁ。
パンクなコスチュームに、透明感のある表情がとても素敵に見えたのでした。

勿論、今のお顔もクールで美しいのですが、何かピンとこなくて。
スルーしたものの、それでも何故だか気になっていて。
もたもたしているうちに見なくなって。
もやもやした気持ちでいたところ、よく利用するショップのページに姿を発見して。
ついにお迎えに至ったわけです。

……今年の3月にっ……(ノ∀`)

つまりは、ちびノワールさんと同じ時に広島でお迎えしていたわけです。
あれこれと私情のため公開が遅れてしまいました。
ほんと、すみません。


この角度のショットが好きです。

この角度のショット、我ながら良い感じに撮れたと思ってます。
帽子飾りも綺麗に下がっていますし。
少し表情も柔らかめに感じられます。


ドールハウスのインテリアの前で。

次回記事で紹介予定の、家具の側で一枚。
ロック&パンクで熱い街と称される「カムデン・タウン」のメインストリートが
カムデンさんの名前の由来だそうです。
彼女の出で立ちはパンキッシュでありながら、やはりドレッシーな部分もあって、
管理人の好みにぴったりきます。


後ろ姿を見て気がついたメッシュ。

後ろ姿を見ないと気づかない、ブルーのメッシュ。
どこかのブログで見た気もするのだけど、実は忘れていたのが正直な所。
写真では見えにくいですが、両サイドに施されています。
こんなところも、ちょっとしたパンクテイスト。


さて、そんなカムデンさんですが……
実は、管理人宅に来たときからコンディションが悪かったようで、
この写真の撮影中に両手首が一気に折れてしまいました。
今まで片腕(特に右腕のパーツ)が折れることはあっても、両腕はなかった管理人。
3rdボディの欠点、と解っていても流石にこいつはへこみました……

今回はボディチェンジせず、透明ボンドで修復。
手を引っ張らないように、丁重に触れるようにしています。
くっつけて日も経っていることですし、今度状態を確認して、
よかったらコンパウンド等で傷口を目立たないようにしようと思っています。


帽子無しの姿も綺麗なカムデンさんでした。

最後は、帽子を取って、少しアンニュイな感じで一枚。
お顔の小さなドールは撮るのが難しい。
でも、今回のカムデンさんはうまく撮影できたような気がします。

もうこれ以上怪我をしないよう、管理人のできうる限り大切にしていくね。
これからもよろしく、カムデンさん。




===================================

追記:

ところで、この記事をアップした後にグルーヴさんのブログを見たら……

何でアレに手を出したんですか、グルーヴさん(笑)。
飲み物飲んでいたら画面に向かって吹き出すところでしたよ。

もちろん、あのままですよね。
誰かの着ぐるみなんかにならないですよね? そうだと言って(笑)。

ラベル:J-Doll ドール
posted by か〜な at 19:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | J-Doll | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。